菜の花

原因を探す

うつの症状や原因とは

うつ病は最近ではよく聞く言葉となりました。 日本では、約100人に5人の割合でうつ病の患者がいるとも言われています。 そんなうつ病とは、どのような病気なのでしょうか。 簡単に説明していきます。 うつ病とは、簡単に言うと、精神的な風邪のようなもので、精神的なエネルギーが低下して、何もやる気が起こらなかったり、何をしても楽しいと感じなかったりと精神疾患の事をいいます。 詳しい症状は、気分の落ち込みや、理由もなくただ悲しかったり、イライラしたりする精神的な症状と、睡眠障害や、めまいや耳鳴りといった身体的な症状などがあります。 また、これは、一人一人症状がちがうので、一つ当てはまるか、らうつ病とは言い切れません。

うつ病の治療方法とは

それでは、もしそんなうつ病になってしまったときはどうすればよいのでしょうか。 まず、少しでも気になる症状がある場合は心療内科などを受診しましょう。 医師の診断から、うつ病の治療がはじまります。 基本的には、薬の服用となります。 薬も、個人個人に合ったものを医師が判断して処方してくれます。 基本的には鬱状態を解消するような気分をあげてくれる薬が処方されます。 徐々に薬で気分が安定してきたら薬の量を減らしていきます。 少しづつ少しづつ自分にあったスピードで改善を目指していくので、長期的な治療となります。 焦らず、自分のペースで治療していくことこそうつ病の改善の最大のポイントです。 まずは、医師に相談することが大事になります。