菜の花

始めること

うつ病を知ることから始めよう

患者数は近年、増加しています。その背景には、社会全体にうつ病に関する知識が広まり、「自分はうつ病では」と疑って受診する人が増えています。そのため、これまでであれば患者と気づかずに苦しんでいた人が、適切な治療を受けられる環境が整いつつあるでしょう。よく、まじめで、几帳面な人がかかりやすいといわれます。たしかに、このような性格の人には、うつ病を発症しやすい傾向があるようです。しかし、うつ病には様々なタイプがあり、必ずしも性格だけが原因で発症する訳ではないようです。誰もがかかる可能性のある病気です。だからこそ、すべての人がうつ病に対する知識を深め、正しく理解する必要があるでしょう。気がめいる、ゆううつなどと精神面に影響を及ぼします。そういったことから、こころの病気と捉えても間違いではありません。うつ病の発症には、ストレスが大きく関係しているといわれています。人によっては思いもよらない出来事がストレスになるのです。今の社会背景が、患者さんを急増させているのかもしれません。

知識やポイントを知ってることが大切

うつ病患者さんの治療において基本となるのが、休養と薬物療法です。休養をとることが非常に重要となります。休養をとることで、薬物療法の効果も本来の力を発揮でき、休養と薬物療法は大切は方法でしょう。休むことに慣れていないと、「ついつい何かをやらないと」と自分を追い込んでしまいがちです。無理やり外出をしたり、経験のない家事を始めたりするなど、あせりから何かを始めるのはよくありません。自分自身を見つめる時間も大切です。患者さんは、早く治りたい、早く仕事に復帰したいという強い思い抱くものです。一般的に回復は時間がかかるものとされています。あせって無理すると、治りかけた病気がよけい悪化してしまうおそれがあります。患者さんは治らないことにあせったり、自分に自信を失って人生を左右するような決断をしてしまうこともあります。治療中には、周囲に気を使いすぎることなく、治療に専念しましょう。ゆっくり時間をかけて回復します。