ReGrowth あなたらしさを

回復させる

うつ病にかかってしまうと体がとても疲れてしまうので、それを回復させるための手段について学んでおく必要があります。このページではより効果的に回復する手段を紹介しているので参考にしてみましょう。  詳しく読む

原因を探す

うつ病に関する治療は基本的に原因を探してから始めるようにします。また、どのような人がうつ病にかかりやすいのか調べておくことにより、簡単に対応することができるようになるので覚えておきましょう。

 詳しく読む

記事一覧

うつ病の対処

最近気分がすぐれない日が多いと感じているあなたはもしかしたらうつ病かも知れませんよ?まずはこちらのサイトで調べてみましょう。

うつ病は治療すれば治る病気です。チェックしましょう。|うつアカデミー

増え続けるうつ病患者

うつ病は現代人が多く抱える精神的な病だと言われています。その明確な定義はありませんが、常に気分がすぐれなかったりとかやる気が出ないと言った症状や、心だけではなく頭痛を伴ったり全身の疲労感など身体にまで悪影響を及ぼすものでもあります。うつ病はとてもデリケートな病気でもあります。 うつ病を患っている人に対して、頑張れなどと言った励ましのセリフは逆効果になってしまう可能性が高いので発言には気をつけましょう。 うつ病は患者にしか分からない辛さや苦しさがあります。一見甘えていると思われることが多いのですが、うつ病は決して甘えではなく心の病気なのです。 一人では解決の道が見いだせないことが多いですから専門医に相談するのも良いでしょう。

早めの段階で処置することが大切

うつは考えているよりも重い病気でもあります。自分自身がうつなのかもしれない、と感じれるうちに専門の医者に診てもらった方が良いかもしれません。治療法は様々ですが、重度の場合などは薬を投与されることもありますが、薬を大量に飲むのは避けましょう。決められた量以上を飲んでしまいますと薬に依存してしまい、薬の副作用によってまた悪影響が生じてしまう可能性が高くなります。うつを克服するためには焦らずゆっくり治療する必要もあります。うつになる人の大半が真面目で正義感の強い性格ということもありますので、妥協をすることが許されず知らない間に自分で自分を追い込んでしまっている場合もあります。力を抜いて生活することも時には必要です。

うつ病に対する考え方を工夫してメリットを見つけよう

あなたは、うつ病になったことがありますか。あるいは、親しい人のなかにうつ病の人がいたことがありますか。うつ病は、とても苦しい病です。しかし、考え方を工夫することによって、絶望ではなく新しい希望を見出すこともできます。 もし、あなたがうつ病と診断されたなら、落ち込むのではなく病気になったことで得られるメリットはないか考えてみましょう。たとえば、自分の今までの生き方を振り返る時間ができる、あるいは苦しい思いをした分だけ他人に優しくできるというメリットもあるでしょう。 実は、うつ病になったことで人生の新しい転機を迎えられるかもしれません。そんな体験をした人も案外多いものです。ですから、苦しんだ分だけ幸せになれる可能性があると考えてみてもいいのかもしれません。

うつの発症を防いだり症状が出てきたら適切な対応をするための取り組みについて

近年は、職場の人間関係などが原因でうつ病になる人も増えています。ですから、多くの企業では、うつ病の症状や原因などを教える講師を招いて、管理職の人たちの講習会などが年々開かれています。もし、職場の環境のせいで部下や自分がうつ病になってしまった時に、どう対処すればいいのかを知っておく必要があるからです。 実は、日本国内のうつの発生率は、決して低くはありません。特に、職場の環境などが原因でうつを発症する人たちはとても多くなっているのです。 ですから、企業によっては職場にカウンセラーなどを待機させている場合もあります。近年では、イジメなどが多いため、子供たちが通う学校の保健室にも、スクールカウンセラーという職業の人がいるようです。

変化をよく見ておきましょう

うつ病は身体の何処かが痛くなる、また、風を引いた時のように、せきが出るといった解りやすい症状がありません。ですので、何らかのサインを発していたとしても、気付かないまま悪化してしまうという事もあるのです。 もしも友人がうつ病になってしまったら、どうやって接してあげたら良いのでしょうか。まずは、小さなサインを見逃さないようにしてあげましょう。では、うつ病かもしれない時に、出すサインで多いのは何なのでしょうか。 一番多いサインが、元気が無くなるという事です。そして、それに合わせて、何だか物忘れが激しくなったり、何となく会話が頭に入っていないような、ぼんやりとした状態になってしまいます。そういった時は、うつ病かもしれないサインですので、注意が必要なのです。

始めること

うつ病と診断された場合には、まずうつ病とはどのような病気なのか詳しく確認することが重要なので、覚えておきましょう。また、人によって症状が変化する病気なので、常に気をつけておくことが大切です。

 詳しく読む

症状について

うつ病になってしまうと感情をコントロールすることが難しくなっていまいます。そのため嬉しいことがあっても素直に喜ぶことができずにマイナスに考えてしまうことや悪いことがあると余計にテンションが下がることもあります。

 詳しく読む

アドバイスを聞くことで

うつ病と診断された場合には、医師からどのような原因でうつ病になったのか話してもらえるので、自分では原因がわからない場合でも見つけることができます。また、医師のアドバイスをしっかり聞き入れることが重要です。

 詳しく読む