菜の花

症状について

こんな症状があったらうつ病かも

うつ病は抑うつ状態が続いてしまう病気です。感情をコントロールできず、落ち込んだまま生活ができなくなったりといった症状がみられます。しかしその状態になってしまっても、意外と自覚しにくい病気でもあります。 それゆえに本やサイトなどで情報を集めて、まず自分の状態が心の病気にかかっている状態だと認識することが大切です。認識すれば病院にも通院するきっかけがつかめるので、このプロセスを踏むことはとても大事になります。 よくいわれるうつ病の症状は次のような症状が見られます。憂鬱な気分がずっと続く、何をやっても億劫、何をやっても何をみても楽しさを感じない、さらに食欲の減退や自己嫌悪、事故否定の感情が強くなってしまうのも特徴です。このような症状が見られた場合は速やかに医療機関を受診し、適切な診断と治療を受けることがすすめられます。

病気という自覚を持って行動することが必要

うつ病は風邪や怪我のようにただ休んでいて回復する病気ではありません。適切なカウンセリングや投薬の治療を受けなければ、 いつまでもその症状を引きずってしまうことになります。 うつ病を放置することで一番怖いのが、衝動的に自らを傷つけるような行動に走ってしまうことです。治療中ですらまれにこのような発作的な衝動に駆られてしまい、取り返しの付かない状況になってしまう患者さんもいます。 そのようなことにならないように、セーフティネットとして心療内科や精神科といった専門機関があるのです。こういったところでは、患者の状態に応じて適切にカウンセリングと投薬の治療を行ってくれます。 つらい症状も、誰かに相談することによって解決までの道筋が見えてくることもあります。どうか一人で抱え込まず、お医者さんと二人三脚で治療していく方向に考えを向けてみるようにしてみてください。